産後に陰部がかゆくなる原因で多いものって何だかわかりますか?

出産や育児で体力が落ちてるな〜と思う人
育児と家事で忙しく、なかなか体を休める時間が取れない人

など、疲れがたまっている人や体力に不安がある人がかかりやすい病気です。

症状は

白いポロポロしたおりものが出る
膣の中や外がかゆい
ひどくなると痛みが出てくる

などがあります。

産後の股・陰部のかゆみの原因とそのケア方法

そう、答えは「カンジダ膣炎」。

産後のママがかかりやすい感染症の1つで、カンジダというカビの仲間がものすごく増えることによって起こります。

ただ、カビといっても元々自分が持っている弱い菌が増えて悪さをするだけなので、誰かからうつされるわけではないんですね。
よく「エッチしたことないのに性病になった!」ってショックを受ける人がいますけど、エッチは全く関係ありません^^;

睡眠不足や赤ちゃんのお世話できちんと食べられないことが続くと、体を守る働きが弱くなってしまいますよね。
そうすると、健康な時には悪さができなかった菌が暴れだすんです。

暴れだすといっても、カンジダ菌もそんなに強い菌ではないので自然に治ってしまうこともあります。

ただ、かゆみやおりものの量が多いことが続いている場合は、一度病院に行って治療を受けてくださいね。
膣の中を洗って抗真菌薬という薬を入れるだけなので、そんなに負担にならないと思います。

産後の股・陰部のかゆみの原因とそのケア方法

注意しないといけないのが、ドラッグストアなどで売っているかゆみ止めやステロイド剤
これらはカビに効かないどころかひどくなってしまうことがあるので、もし使う場合は「カンジダ膣炎専用」の薬を使ってください。

しばらく使っても良くならない時は病院ですよ!

ちなみに子供を預かってもらえる人が周りにいない場合は、病院に相談してみて下さい。
私が通った産婦人科は先生に診てもらっている間、看護師さんが子供をみてくれたのでとても助かりました^^

「案ずるより産むが易し」!

悩む前に一度聞いてみるのが一番です♪