股に違和感を感じて確認すると、アソコの横にできものが。
座ったり、Hをすると痛い。
トイレで陰部を拭くと、血がつくことがある。

こんな症状ありませんか?
心当たりのあるあなたはもしかしたら、バルトリン腺炎にかかっているかも。

原因と治療法を紹介します。


バルトリン腺炎ってどんな病気?


バルトリン腺は性交の時に滑りをよくする分泌液をだす、豆つぶより少し大きい器官です。いわゆる濡れている状態にする働きをしていて、膣の入り口の左右に分泌液をだす穴があります。ここに細菌が感染して、炎症が起きるのが「バルトリン腺炎」です。

炎症のほとんどは普段から皮膚や膣の中にいる大腸菌やブドウ球菌、連鎖(れんさ)球菌などの菌が原因です。ただ、淋病(りんびょう)を起こす淋菌(りんきん)でも発症することがあり、少し前はこの淋菌が炎症の原因になっていました。

この炎症が進行したのが「バルトリン腺のう腫」。
入り口がふさがって分泌液がたまり、できもののようになってはれた状態のことをいいます。

もう一歩進んで、できものが赤くはれて痛がゆくなるのが「バルトリン腺膿瘍(のうよう)」です。
ここまでくると中にたまった分泌液が膿になってしまっていて、座ったり歩く時にひどい痛みを感じるようになります。


バルトリン腺炎の治療法




病院では炎症の原因になっている菌を見つけるための細菌培養検査をします。炎症が起きたばかりで症状が軽い場合は抗生物質や消炎剤の飲み薬で治療します。

炎症がひどい場合や膿がたまっている場合は注射器で吸いだしたり、できものを切って中にたまっているものを取りだします。その後、抗生物質の薬を使って細菌を退治します。

何度も再発する場合は、詰まりにくくするための出口をつける開窓(かいそう)術や、バルトリン腺そのものを取ってしまう摘出術を選ぶようになります。ただ、バルトリン腺そのものを取ってしまうと分泌液が出ない(濡れた状態にならない)ので、性交の時に痛くなる場合もあります。


バルトリン腺炎の注意点


バルトリン腺は膣やお尻の穴に近く、汚れがたまりやすい場所にあります。トイレで用を足した時は前から後ろに向かって拭く、お風呂では陰部に汚れを残さないようにていねいに洗うようにしてください。

ただ、ニキビを繰り返す人がいるように、炎症を起こしやすい体質の場合もあります。カンジダやトリコモナス、クラミジアなどの菌や虫が感染して炎症を起こす時もあるので、違和感があったりできものを見つけた場合はひどくなる前に早めに病院に行きましょう。


まとめ


性交しやすくなるための分泌液をだしてくれるバルトリン腺ですが、汚れやすい場所にあるので何度も炎症を起こしてしまうことがあります。

汚い手で触ったり触られたりして起こる場合もあるので、性交の前にお風呂に入る・手を洗うなど清潔にするように気をつけてくださいね。

宅配ドクター