あなたは体に小さいしこりができたことありますか?

触っても痛くないし、かゆくもない。

ほとんどのしこりは自然に消えてなくなっていくんですが、逆にどんどん増えてしまうものもあります。

それが陰部にできる小さいしこり、尖圭(せんけい)コンジローマ

放っておくと広がってしまうこの病気の原因と対策を紹介します。


尖圭コンジローマってどんな病気?


ヒトパピローマウイルスが原因で起こる性感染症で、陰部やお尻のあたりに先のとがった小さなしこり(腫瘍の一種)ができます。

しこりが小さいうちは特に症状がありません。

しかし、大きくなるとかゆくなったり、トイレで用を足す時や性交する時に痛みを感じることがあります。

このしこりをひっかいたりすると周りにウイルスがうつって広がり、カリフラワー(ニワトリのトサカと言う人も)のようになってしまうことも。

ほとんどが性交でうつりますが、サウナや大衆浴場で感染する場合もあります。

感染してから症状が出るまでの期間が長く、早い人で1ヶ月、長くなると半年くらいかかる場合もあります。

なので、しこりができた時にはいつ誰から感染したのかわからない時も。

女の人はしこりができるのでわかりやすいのですが、男の人は陰部の周りに少し湿疹ができるだけなので気づかないまま他の人にうつしてしまっている場合も。


尖圭コンジローマの治療法




しこりが小さいうちは塗り薬で治療します。

塗った直後はヒリヒリすることもありますが、心配ありません。

しこりが大きい場合は液体窒素で凍結させたり、電気やレーザーで焼き固めたりしてこまめに取りのぞいていきます。

しこりができている場所や大きさでどの治療をするか判断するので、一度病院で診察してもらいましょう。

尖圭コンジローマは治療しても再発しやすい感染症です。

「しこりがなくなった♪」と油断するとまたすぐにしこりができてしまうので、完治するまでは悪化させないようにきちんと治療を受けましょう。


尖圭コンジローマの注意点


尖圭コンジローマを起こすヒトパピローマウイルスはHPVと呼ばれていて、100種類以上のタイプがあります。

その中には、子宮頸ガンや膣ガンなどを発生させるものもあります。

この感染症でできるしこりは良性の腫瘍なのであまり心配はありません。

しかし、他のタイプにも感染している場合もあるので、しこりを発見したらガン検査を受けるようにしましょう。

ちなみに、尖圭コンジローマと子宮頸癌用のワクチンには体の中のHPVを取り去ってしまう効果はありません。


まとめ


小さなしこりがたくさんできる尖圭コンジローマ。

感染の原因のほとんどは性交ですが、公共の場で感染する場合もあります。

産後の体力が落ちている時にかかると治りにくいので、小さなしこりを見つけたら病院で診てもらうことをオススメします。